【サッカー】キックの上達に必要なオススメ練習方法

スポンサーリンク
サッカー
マジパパ
マジパパ

こんにちは。本気パパです☺️

今回は、

サッカーにおける『キック』

上達に向けて、オススメの練習方法

大事なポイントについて

ご紹介したいと思います。

早速、本題に入ります。

キックの技術を磨くためには、

以下の3つのポイントを意識することが大切です。

  • 足のどこに当てるのかを意識しながら練習する
  • 軸足の置く位置を定める
  • 最初は短い距離から始める

それぞれの解説は後ほど行います。

その前に、まず確認しておきたいことがあります。

キックの重要性とは

サッカーにおいて、キックの技術は

最も大事な要素のひとつと言えますね。

せっかく得点に繋がりそうな場所に味方がいても

そこにパスを通すだけの技術がなければ、

意味がありません。

それどころか、自陣で不用意なキックミスをしてしまえば

失点につながることすらありますよね。

つまり、個々のキックの技術が試合の勝敗を左右する

かもしれないのです。

練習すればするほど上手くなる

もちろん、すぐに上手くなるわけではありませんが、

練習を積んだ分だけ上達することも事実です。

自分が上手くなる過程を感じられるのも

モチベーションになりますしね。

しかし、ただ闇雲に回数のみを重ねても

効率が悪くなってしまいます。

そこで今日の本題でもある、

キックの上達に向けて、意識すべきポイントを

解説していきたいと思います。



3つの大事なポイント

冒頭にも紹介した3つのポイントを

順に、詳しく解説していきます。

足のどこに当てるのかを意識しながら練習する

これは自分の感覚を研ぎ澄まして

感じてみて欲しいです。

なんとなく蹴るのではなく、

自分の足のどこに当たった時に

思い通りに飛んで、

反対に、どこに当たった時は

上手く行かなかったのか、ということを

常に感じることが大切です。

人によって足の形状硬さ足首の癖なども

違うので、自分が一番しっくりくる場所

探してみて下さい。

マジパパ
マジパパ

足の甲、内側、外側。それぞれの当てる場所を探りながら練習しよう。

軸足の置く位置を定める

ボールを蹴るに当たって、軸足は

大きな役割を担っています。

飛ばしたい距離や蹴りたい球種によっても

軸足の位置を変えていく必要があります。

これに関しても、それぞれの

体のバランス持っているパワーによって

最適解は変化しますので、

何度も蹴っていく中で、一番蹴りやすい位置を

探ってみて下さい。

ここで、『球種』というワードが出たので、

詳しく知りたい方はこちらもご覧ください。

マジパパ
マジパパ

一言で『球種』と言ってもたくさん種類があるから、上手く蹴り分けたいね。

最初は短い距離から始める

誰もが頭では分かっていても、

ついつい難易度の高い長距離のキックを

最初からトライしがちです。

悪いことではないですが、

効率は良くないのも確かです。

キックの精度は、加える力が大きいほど

低下する傾向にあります。

サッカーの試合を見ていても分かりますよね?

ショートパスよりロングパスの方がミスが多いんです。

まずは短距離のパスから練習していき、

精度が高まってきてから

距離を次第に伸ばしていくことをオススメします。

特に体の小さいうちは、強く蹴れることに

さほど価値はありません。

正確性の方が圧倒的に大事になります。

筋力は、身体の成長と共に自然に伸びますので、

初期の段階では、

精度を高める練習に重きを置くべきですね。

マジパパ
マジパパ

無理な力を発揮しようとすると、怪我にも繋がりますからね。



まとめ

今回は、キックの技術向上について

具体的な練習方法大事なポイント

解説しました。

サッカーにおける基礎技術を磨いて、

今よりより素晴らしいプレーヤーを

目指していって欲しいと思います。

それでは次回また、お会いしましょう。

マジパパ
マジパパ

またねっ👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました