ジュニアNISAが超お得に!?【SBI証券での始め方3ステップ】

スポンサーリンク
子育て




ジュニアNISAっていろいろ条件があって
使いづらいイメージがあるんだけど…

ママ
ママ

始めるとなるとかなり面倒な手続きがあるんでしょ??

パパ
パパ

具体的な始め方をわかりやすく解説してほしい!




こんな方に向けた記事です。

今回は

税制優遇制度の一つでもある
ジュニアNISAについて

メリットと始め方について
詳しく解説していきたいと思います。




ジュニアNISAがお得な制度に様変わり!?

お金



ジュニアNISAとは本来

未成年の子供がいる家庭が
教育資金などの資金形成しやすくするために
国が設けた税制優遇制度
です。


日本に在住の0歳〜19歳が対象となり
最大400万円の非課税投資枠(80万円×5年)があります。




従来は
子供が18歳になるまで引き出すことはできず
流動性が低い
ために
あまり口座開設数は伸びていない

不人気制度でした。



よって
2023年にこの制度が撤廃されることが決まりました。

ん?撤廃?もう使えないんじゃん…


もう一度言います。


2023年で撤廃です。



つまり今年を含めて
あと4年は制度が続きます

撤廃された後は
引き出しの制限ももちろんなくなります。

それまでにジュニアNISA内で運用していたお金は
そのまま『継続管理勘定』という口座に移され
子供が18歳になるまで非課税枠で運用できるんです。







これがどういう事を意味するかというと

2024年以降引き出し制限がなくなるにも関わらず
運用状況によってはそのまま運用を継続できる


という
なんとも使い勝手の良い制度に生まれ変わったのです。



マジパパ
マジパパ

資金に余裕のある人にとっては
使わない手はない制度と言えるでしょう。





では
実際にどのように口座開設すれば良いのか

私も使っている
SBI証券でのジュニアNISAの口座開設方法
解説していきます。




SBI証券で始めるための簡単3ステップ

SBI証券


私の使っているSBI証券で
ジュニアNISAの口座開設をするための
具体的な手順について
解説していきたいと思います。


ステップ1 申し込みに必要な書類を申請


まず初めに
ジュニアNISA口座の開設に必要な申し込み書類を請求します。

未成年者口座を持っている方はそのまま
持っていない方は未成年口座の開設も
合わせて行うことになります。

その際には下記の画像の上の質問の回答を
【持っていない】にチェックを入れて進むと
未成年口座の開設手続きへと移ります。




口座開設の際は
未成年者の親権者でも申請することが可能です。



ステップ2 書類に必要事項を記入し返送


ジュニアNISA申請書が届いたら
必要事項を記入し返送します。

その際に一緒に送付する必要書類を同封します。

  1. 未成年者のマイナンバー(通知カード or 個人番号カードのコピー等)
  2. 本人確認書類


マイナンバーの種類によって必要な書類が異なります。

通知カードを使う場合


以下の2通りの本人確認書類の送付方法があります。



<通知カード+顔写真付きでない本人確認書類を2点同封>

例)「健康保険証」+「住民票(続柄の記載があるもの)※同一世帯の場合」


※未成年口座開設の際に、
続柄が分かる本人確認書類を同封している場合
当該書類も1点に含まれます。



<通知カードに+顔写真付きの本人確認書類を1点同封>

・運転免許証
・運転経歴証明書
・住民基本台帳カード(写真付き)
・日本国パスポート
・住民票の写し
・各種年金手帳
・各種健康保険証
・印鑑証明書

この中から1点選んで通知カードに追加して送付。

個人番号カードを使用する場合



個人番号カードの
「表面」と「裏面」の両面をコピーし、
送付します。

※「個人番号カード」の場合、
番号の記入のみでは受付できません。
カードのコピー を同封する必要があります。



ステップ3 税務署で確認後、開設完了通知を受け取る



ステップ2までの行程で
書類に不備がなければ申請完了です。

あとはSBI証券が
税務署にジュニアNISAの口座開設を申請します。

確認完了後、証券口座内の【重要なお知らせ】に
口座開設完了の通知を受け取れば
いよいよ取引が開始
できます。




まとめ

お金



ということで今回は


ジュニアNISA
の撤廃によって生まれたメリットと

SBI証券でのジュニアNISA口座開設方法について
詳しく紹介しました。


マジパパ
マジパパ

証券口座の開設や公的制度の利用は
複雑で難しい印象がありますが
改めて整理すると意外と簡単ですよね。





これを期に
子供の教育資金の準備を始めたい方は
是非参考にして、資産形成に役立てて頂けたらと思います。



それでは次回、またお会いしましょう。

マジパパ
マジパパ

またねっ👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました