【個人事業主】私が実践しているオススメ節税方法

スポンサーリンク
家計管理
マジパパ
マジパパ

こんにちは。本気パパです☺️

今回は、

現在フリーランスとして働く私が

実際に行っている税金対策について

お話ししたいと思います。

フリーランスの良い点は税金の申告に関して

ある程度の裁量が与えられていることだと思います。

もちろん納税義務に則った申告をしなくてはなりませんが、

正しい節税方法はしていくべきだと考えています。

早速、本題に入りましょう。



私が実践する税金対策3つ

現在実践している節税方法は以下の3つです。

  • iDeCo(個人型確定拠出年金)
  • 小規模企業共済
  • ふるさと納税

これらは公的な制度として、

大きな節税効果を発揮してくれています。

順に、詳しく解説していきます。

iDeCo(確定拠出年金)

この制度に関しては、

こちらの記事で詳しく解説していますので、

今回は私(フリーランス)の場合の節税効果

について、解説します。

現在私は、月額(※)67,000円を毎月拠出しています。

(※)付加年金に加入していて、1,000円単位で掛金設定のため、満額の68,000円から1,000円差し引いた67,000円が、現状拠出できる満額となっています。

付加年金について知りたい方はこちらも合わせてご覧下さい。

つまり、年額804,000円を拠出しているため、

この額が丸々、所得控除となり

所得税と住民税が減額されます。

仮に、私の課税所得が600万円だとすると、年間241,200円の節税になる計算です。

経費と違い、

実際には自身の資産として運用しているにも関わらず

税制上の優遇を受けられるので、

加入しない選択肢は私にはありませんでした。

マジパパ
マジパパ

60歳まで引き出せないというデメリットを加味しても

私にとっては、魅力的ですね。

小規模企業共済

中小機構という国の機関が運営する

積み立てによる退職金制度になります。

個人事業主小規模企業の経営者または役員などが

加入対象となり、掛金は全額所得控除となります。

あくまで退職金制度ということで

受け取り時の税制上のメリットや貸付制度などもありますが

今回は毎年の拠出による節税効果にフォーカスして

お話しさせていただきます。

掛金と納付方法

月額1,000円〜70,000円までの範囲で、

500円単位で選択します。

基本的には毎月預金口座からの振替による払込に

なりますが、他にも半年払いや年払いも

選択可能です。

節税効果

掛金は全額所得控除になるため、

先ほどと同様に600万円の課税所得で

毎月70,000円を積み立てた場合、

年間で255,600円の節税となる計算です。

課税所得600万円の自営業者が、iDeCoと小規模企業共済に満額払い込んだ場合、年間500,400円の節税となります。

この2つだけで、かなりのインパクトがありますよね。

ふるさと納税

全国の各自治体に寄付をすることで、

その金額のうち2,000円を超える部分において

所得税の還付、住民税の控除が受けられる制度

となっており、寄付金のお礼として

自治体からの名産品などの品を貰える仕組みです。

ふるさと納税 仕組み

控除額上限は自身の収入や家族構成からシュミレーションできる

専用サイト(ふるさとチョイスさとふる など)

がありますのでそちらを使って計算して見て下さい。

自営業者の中には申告時期までハッキリとした課税所得が

算出できない方もいらっしゃると思うので、

ある程度のシュミレーションをしつつ、

控除上限額に余裕を持たせて行うことを

オススメします。

マジパパ
マジパパ

各自治体から魅力的な返礼品がもらえるので、

その辺を特集した記事も書きたいと思っています。

青色申告は必須

確定申告の際に、

青色申告という方法で申告をすることで、

『青色申告特別控除』として最高65万円の控除

受けることが出来ます。

通常の『白色申告』とは違った帳簿の付け方や書類なども

ありますので、詳しくはこの記事を参考にしていただければと思います。

少々手間が掛かりますが節税においては

最もベーシックで効果も大きいですから、

まだ採用していない方がいましたら、

切り替えることをオススメします。



まとめ

今回は、

私の実践する節税対策について解説しました。

どの品目を経費として計上するか、

減価償却費を…などという人によって曖昧な方法ではなく、

王道でありながら、正しく、効果の大きい

節税方法についてのご紹介とさせていただきました。

まずは基本をしっかりと抑えて、

真っ当な納税や節税を行って欲しいと思います。

それでは次回、またお会いしましょう。

マジパパ
マジパパ

またねっ👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました