【知って得する】付加年金の詳細とメリット

スポンサーリンク
家計管理

今回は、意外に知らない人が多い公的年金制度

『付加年金』について詳しく解説したいと思います。

実は、とてもメリットのある、お得な制度なんです。

早速、本題に入ります。



加入できる人の条件

お得な制度と言いつつも、

国民全員が加入できるわけではありません。

加入できる人の条件は、

  • 国民年金第1号被保険者
  • 任意加入被保険者

のどちらかに当てはまる人になります。

国民年金第1号被保険者とは

自営業者、農業者、学生、アルバイト、無職

の人で20歳以上60歳未満の人。

任意加入被保険者とは

60歳までに老齢基礎年金の受給資格を満たしていない人や、

納付期間不足で老齢基礎年金を満額受給できない人で

年金額の増額を希望し、60歳以降に任意加入した人。

※上記を満たしていても、加入できない人がいます

  • 国民年金保険料の免除・猶予を受けている人
  • 国民年金基金の加入者
  • 65歳以上の任意加入被保険者
マジパパ
マジパパ

自分が加入条件を満たしているか、確認しよう。

付加年金の加入期間

原則、20歳から60歳未満の40年間(480ヶ月)

となっています。

その間に加入対象外の職種に該当する期間が

あった場合、その期間は加入できません。

また、60歳までに納付期間が480ヶ月に満たない場合、

65歳まで任意加入が可能になります。

【重要】保険料と受給額の推移

大まかな仕組みとしては、

付加保険料は『月額400円』を国民年金に

上乗せして支払う形になります。

すると、『200円×納付月数』が65歳以降、

受け取る年金額に毎年上乗せされます。

マジパパ
マジパパ

わかりにくいですよね。。例を挙げて説明しますね。

【例】

(20歳から60歳のまでの40年間、付加保険料を払い続けた場合)

400円×12ヶ月×40年=192,000円

これが収めた保険料の総額になりますね。

それに対して、受け取れる年金額

200円×12ヶ月×40年=96,000円

となり、この額を毎年国民年金に

上乗せして受け取ります。

お気付きでしょうか??

そうです。65歳から国民年金を受給開始すると、

67歳で元が取れてしまいます。

67歳以降は長生きすればするほど

プラスで受け取れるという仕組みです。

お得だと思いませんか???

このこと以外にもメリットもありますし、

デメリットになる点もありますので、

順に解説します。

その他のメリット

上記のメリット以外に3点あります。

  • 繰下げ受給をすると、老齢基礎年金と同率で増額される。
  • 納付期間3年以上で、死亡一時金に8,500円が加算される。
  • 保険料は全額所得控除になる

デメリット

デメリットももちろんあります。

  • 65歳前に亡くなると保険料が返ってこない
  • 受給期間が2年未満だと損をする
  • 繰上げ受給をすると、老齢基礎年金と同率で減額される。
  • 老齢基礎年金が支給停止されると、付加年金も支給停止される。

上記のメリット・デメリットを把握した上で、

検討することをオススメします。



まとめ

もちろんデメリットもありますが、

現在の日本における平均寿命の伸びを

鑑みると、かなりお得な制度 だと、

私は考えています。

今一度加入条件を確認し、

メリット・デメリットを把握した上で、

それぞれのご家庭に必要かどうか

考えてみていただけたらと思います。

それでは次回また、お会いしましょう。

マジパパ
マジパパ

またねっ👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました