【税制優遇制度】投資初心者にオススメ!!『NISA』『つみたてNISA』『iDeCo』のメリット・デメリットを徹底解説!!!

スポンサーリンク
家計管理

マジパパ
マジパパ

こんにちは。本気パパです☺️

今回は、

投資初心者に知ってもらいたい

現在日本に存在する税制優遇制度について

解説したいと思います。

皆さんも耳にはしたことがある方も

多いと思いますが、

『NISA』『つみたてNISA』『iDeCo』

3つについて、それぞれお話しします。

まずはNISAから。



一般NISA

利用条件:日本に住む20歳以上の人(年齢制限なし)

新規投資期間:5年

非課税期間:投資開始した年から5年

年間上限額:120万円

累計非課税上限額:600万円

メリット:運用益が非課税

対象商品:国内外の上場株式・投資信託

投資方法:制限なし

引き出し:いつでもOK

口座開設&管理手数料:不要

マジパパ
マジパパ

3つの制度の中では年間投資上限が最も多く、

適用期間が短いのが特徴だね。

続いて、つみたてNISA。

つみたてNISA

利用条件:日本に住む20歳以上の人(年齢制限なし)

新規投資期間:最長20年

非課税期間:投資開始した年から最長20年

年間上限額:40万円

累計非課税上限額:800万円

メリット:運用益が非課税

対象商品:金融庁が厳選した投資信託・ETF(上場投資信託)

投資方法:積立のみ

引き出し:いつでもOK

口座開設&管理手数料:不要

マジパパ
マジパパ

少額からコツコツ長期投資をしたい、

初心者には特にオススメだね。

最後に、iDeCo。

iDeCo (個人型確定拠出年金)

利用条件:日本に住む20〜60歳未満の人

新規投資期間:60歳になるまで

非課税期間:70歳になるまで

年間上限額:14.4万円〜81.6万円(※加入者による)

累計非課税上限:掛金による

メリット:運用益が非課税、掛金が所得控除、受取時に控除あり

対象商品:定期預金・保険・投資信託

投資方法:毎月積立 or 年単位拠出

引き出し:60〜70歳の間

口座開設&管理手数料:必要

マジパパ
マジパパ

職種によって掛金上限が異なるので、確認しておこう。

(※)iDeCoの職種別掛金上限

自営業者:月額6万8000円(年額81万6000円)

専業主婦(夫):月額2万3000円(年額27万6000円)

公務員:月額1万2000円(年額14万4000円)

会社員(企業年金なし):月額2万3000円(年額27万6000円)

会社員(DCのみ):月額2万円(年額24万円)

会社員(確定給付企業年金のみ or 確定給付企業年金+DC)

         :月額1万2000円(年額14万4000円)

マジパパ
マジパパ

iDeCoはあくまで老後資金のためという、明確な目的があるね。

それぞれの年齢や目的に合った制度を利用しよう!

以上の特徴を踏まえた上で、

自分の投資目標を明確にして、

それに見合った制度を利用して下さい。

ちなみに一般NISAとつみたてNISAは

併用できないので注意が必要です。

ある程度まとまった資金を少し短めに

運用したい方や投資商品の選択肢が多く

欲しい方は一般NISAがオススメです。

少額でコツコツと長い間運用しようと

考えている方であればつみたてNISAが

最適でしょう。

また税制上の優遇を最優先し、

老後まで資金を運用できる方は

iDeCoも視野に入れた方がいいですね。

iDeCoは税制上のメリットが多い反面、

流動性はかなり低い制度なので、

そこは注意が必要でしょう。

このように人によって最適な制度は

バラバラですので、よく考えて、

賢くこれらの制度を利用して行って欲しいと

思います。



まとめ

本日は、

税制優遇制度について

解説しましたが、

実際にこれらを使って

私が運用している商品については

https://majipapa15blog.com/【インデックス投資】投資初心者必見!私が定期/116/

こちらも合わせて

ご覧いただければと思います。

それでは次回、またお会いしましょう。

マジパパ
マジパパ

またねっ👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました