【子育て世代必見】勉強とスポーツを両立させるために必要なこと

スポンサーリンク
子育て
ママ
ママ

子供には勉強もスポーツも頑張ってもらいたいんだけど…

少年A
少年A

勉強は嫌いだから、スポーツ出来ればいいでしょ😏

パパ
パパ

文武両道を目指すためには、

具体的にどういった対策をすればいいんだろう。

今回は、子育てをする際に、多くの方が抱える悩み、

「どうやって勉強とスポーツを両立させるか」

について私なりに重要なポイントをまとめてみました。

結論からお話しします。

以下の3点が特に大事だと考えます。

  • タイムスケジュールをきちんと設定する
  • 優先順位を決める
  • 環境の変化を上手く使

順に、詳しく解説します。



タイムスケジュールをきちんと設定する

勉強とスポーツの両立を考える上で、

大事になってくるのが、それぞれに

どれくらいの時間を割くのかという「時間管理」です。

これはあらかじめ設定することをオススメします。

学生の場合、必ず学校の時間は決められていますので、

残りの時間をどのように配分していくのか

ポイントになります。

私の場合、サッカーをやっていたので、15時半に学校が終わったとすると、17時までサッカーの練習に当て、帰宅後18時半まで勉強に使う、というような具合に設定していました。食事後は家族の団欒や、自分の好きなことに費やしていました。

両立を目指すのに遊ぶ時間なんてあるの?

こう思った方もいると思います。

いわゆるオフの時間もしっかり設けるのが大事です。

一番問題なのは、なんとなくどっち付かずな時間が

過ぎていくことです。

  • 集中するときはとことん集中する、
  • 遊ぶ時は思いっきり遊ぶ。

ということがポイントです。

子供の集中力を見極め、

適切なスケジューリングをするための

サポートをしてあげましょう。

優先順位を決める

どっちも大事にしたいのに、優先順位をつけてしまって大丈夫?

大丈夫です!!むしろ決めましょう。

もちろんあくまで目的は両立です。

しかし、その中でどちらをメインに据えるのかを

決めることが巡り巡って、両立に繋がります。

大人の環境で例えるならば、

仕事趣味に分類するイメージでしょうか。

仕事を一生懸命こなして、趣味に没頭する。

理想の形ですよね。

これが、両方仕事だったら少々疲れちゃいますよね。。

仕事をした後だからこそ、趣味が最高に楽しい。

趣味が楽しいから、仕事を頑張れる。

こんな相互関係が完成したら無双状態ですよね。

私の場合、勉強が仕事、サッカーが趣味の

イメージで取り組んでいました。

このパターンは特ににオススメです。勉強やスポーツに関わらず、なにか2つの事柄を成し遂げたいときには、普遍的に使える考え方かなと思います。

あくまで自発的にやりたいことが1つ含まれていることが

大前提なんですけどね。

環境の変化を上手く使う

これも、大人の状況に置き換えてみると

わかりやすいかと思います。

仕事もずっと同じ場所でし続けると

集中力も切れて、マンネリ化しますよね。

アイディアも生まれにくかったり。

子供も同じです。

子供部屋で集中力が保たれるのは

せいぜい30分がいいところだと思います。

私の場合、小さい頃は週二日で

塾に通っていたので、

勉強は塾、自宅、学校の図書室の3つ

上手く使い分けて、気分転換をしていました。

必然的に一緒に勉強する相手も、

塾の先生、親、友達と、場所だけでなく、

周辺環境も変化してくれますしね。

このように環境に変化を加えて

モチベーションを保つやり方

とても有用だと考えます。

環境が変わることで、

脳のスイッチを切り替えること

にも繋がりますしね🤔

是非試してみて下さい。

マジパパ
マジパパ

スポーツでも、場所や相手を変えるだけで刺激になりますよね。



まとめ

今回は、勉強とスポーツを両立させるために

必要なことについて解説しましたが、

本文中にも述べたとおり、

なにか2つのタスクを遂行する際には

普遍的に有効な手段だと思います。

上記のポイントを意識して

様々なことにチャレンジしていって欲しいと思います。

それでは次回また、お会いしましょう。

マジパパ
マジパパ

またねっ👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました